社会保険労務士行政書士の大谷経営労務管理事務所【東京都品川区東大井5-14-11セントポールビル7階
大谷経営労働管理事務所 社会保険労務士・行政書士 平日9:30〜18:00 03-6712-8889 メールでのお問い合わせ
HOME > NEWS > 厚生年金保険料率が改定されます!

厚生年金保険料率が改定されます!



平成16年の年金制度改正において、保険料水準固定方式(※1)が導入されたことに伴い、厚生年金保険の保険料率については、平成16年10月分(平成17年度以降は9月分)から、毎年0.354%(船員・坑内員については0.248%)ずつ引き上げられ、平成29年9月以後は18.3%に固定されることになりました。
これにより、今回、平成18年9月分から厚生年金保険の保険料率が、以下の通り改定されます。
この保険料率は「平成18年9月分(平成18年10月納付分)から平成19年8月分(平成19年9月納付分)まで」の保険料を計算する際に用いられます。

改定年月   : 平成18年9月分保険料
新保険料率 : 14.642% (船員・坑内員は、15.704%)
           − 
この率を労使折半負担

納付は10月からですので、被保険者からの控除も10月支払賃金からとなります。
なお、厚生年金基金加入事業所の保険料率についてはこの限りではありませんので、加入基金へご確認ください。

保険料額表およびその他詳細については、社会保険庁ホームページにチラシが掲載されておりますので、下記URLをご参照ください。
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/ryogaku1809/ryogaku_c.pdf



 ※1:保険料水準固定方式とは・・・
保険料水準を固定し、年金の給付はその保険料収入の範囲内で自動的に調整するもの。
これまでは、年金の給付水準を維持するために、保険料を見直していく【給付水準方式】が採られていたが、少子高齢化の急速な進行により、このままでは将来の現役世代の負担が非常に重くなってしまうため、先般の改正が行われた。


作成:宮ア 貴幸




お電話でのお問い合わせ 平日9:30〜18:000 03-6712-8889 大谷経営労務管理事務所 お問い合わせはこちらから
お問い合わせ・お申し込み
大谷経営労務管理事務所 社会保険労務士・行政書士 大谷雄二
東京都品川区東大井5-14-11セントポールビル7階
TEL 03-6712-8889(代表) FAX 03-6712-8885
 URL:http://www.office-ohtani.com/
社会保険、労働保険、雇用保険、助成金手続き、会社設立・起業支援、
東京、品川区、大田区、港区、中央区、江東区、目黒区エリアの社会保険労務士・行政書士大谷事務所
Copyright(C)2004-2010 Yuji Ohtani All Rights Reserved.